FC2ブログ

大(ぎょうさん)えほんひろば 「港区民センター」

先週土曜日(12月17日)に港区民センターのホールで開かれている
「大(ぎょうさん)えほん展」に行ってきました。

港区民センターえほん1

ホール一杯に図書館から借りてきた「えほん」や「写真集」やらが
子供目線の位置に表紙がこちら向きに並んでいます。
えほんなどを並べている台もダンボールで作られていて暖かみがあります。

港区民センターえほん2

ホールにはマットを敷いた上にござを敷いて寝転びながらでも本を
読めるようにしたり、真ん中に椅子席を置いたり工夫しています。

港区民センターえほん3

大人が子供にえほんを読んであげるだけでなく、子供が子供に
えほんを読んであげたりしています。

港区民センターえほん4

中には読んだえほんの主人公になったように舞台で表現する子もおり
それを親だけでなく、子供も一緒に見ています。

ほのぼのする風景を見させていただいて、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

涼さん>
息子さんを思い出させちゃって、すみません。
ほのぼのする光景ですね。

No title

親が子供に絵本を読む光景はあまり見なくなりましたね・・・
DVDやTVばっかだし・・・
私の息子は絵本が好きで、よく読んでやったの思い出します

No title

アルファさん>
最近の子供はなかなか本を読もうとしないですね。
ですから、読み聞かせが大事なのかも?

らなさん>
エ━━(;;゜д゜)━━ッ?(o;_ω_)oバタ
その字は「ろ」でつか?

博士>
あっはははは、その通りだと思います。

No title

子供に絵本を読んであげられる時期なんて、本当に短い間です。
すぐに親なんて相手にされなくなります。

No title

タイトルがエ●本広場に見えたw

No title

「読聞かせ」というのは大切ですね。
ある年齢以上にならないと、
親に本を読んでもらったという記憶は残らないかもしれないけれど、
その感触はきっと大きくなっても残ると思います。

No title

ロウロウ@富良野ちゃん>
そういう風景はなかなか見なくなりましたね。
早く、子供を作ってください。

No title

良い光景ですね!
富良野も、スキークラブで、お兄ちゃんが、小さい子供に、慕われながら、スキー教えてるの見たらほのぼのしてて温かい感じで、古きよき時代が懐かしい♪
プロフィール

ちんちら ぽっぽ

Author:ちんちら ぽっぽ
世の中、うまく行かないことばっかりでつ。
そんなあんなこんなことを書き記したいと思いまつ。
どうぞ、よろしゅうに!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロ友のみなさん

インカムゲイン総合研究所

食いしん坊マリーの日記

にゃんぱらりの運動会

これも、やってみよう♪

ちこの日常
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード