FC2ブログ

1.17 追悼・・・ しかし

毎年のようにやってきた1.17震災の日。

震災に遭遇した人には、その時のことをいろいろ思い起こさせる。

人それぞれだが、ほとんどがいやな思い出なのだ。

まだ、記憶に新しい。

そして、風化はさせては、いけないと思う。

 

さて、毎年1.17には、小生自信の体験をBLOGでも書いてきたが、

今日は、ちょっと違った方向で書いてみる。

批判もあろうと思うが、実際の話なのだから我慢して欲しい。

 

震災からすでに2~3週間も経っただろうか?

その頃から、学校のPTAや町内会やらでお金を集めてボランティアで

神戸の被災地へと飲み水の運搬や炊き出しなどで出かけるようになった。

 

小生も熱いうどんの炊き出しボランティアで朝6時頃に区民センターに

集まって車と電車(途中から徒歩)の班にわかれていざ神戸の被災地へ。

(確か、うどん玉はもちろん、水やプロパンや釜も持っていった)

被災地の小学校でお昼時間に並んで待っていてくれた人たちに

順番に配っていったのだが、、、

 

「ありがとう」とお礼を言う人が少ない。

反対に「この前きた、あそこのボランティアのうどんの方がうまかった」とか

「うどんよりご飯もののほうが良い」とか言い出す始末。

挙句の果てには、食べたお椀を片付けるのをじっと見ているだけで

だれも手伝おうとはしない。

 

会長が「食べた後のお椀はこちらへ持って来て下さい」と言うと、、、

「おまえら、ボランティアがやったらええねん。わしら被災者や!」

「・・・・・」

すなわち、ボランティアは使うだけ使ったら良いと言う考えが発生していた。

みんな日曜日返上で前の日に準備して、朝早くから来てるのに。。。

トボトボとみんなで西宮まで歩いて帰ってきたことを忘れない。

 

みんなガックリしてしまって、それ以降も炊き出しの予定はあったが、

だれもがこのような状態では、絶対に行かないと決めた。

 

被災者になれば、ボランティアに甘んずることなく、ボランティアと協力し合い

ボランティアに頼るところは頼り、自立して行かなければならない。

ボランティアは、単なる無料の労働力ではない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

どっちもわかりますが…。。

ただ一つ言えることは
カトちゃんたいへんご苦労様でした!

日本人の品格が低下してきてたんですかね。
情けないです・・・

わっかるわぁ~でも土地柄とかにもよるかも???σ(`・・´オネェ)の弟達もJCのボランティアで炊き出しとかしたらしいけど、めちゃ喜ばれて、個人的にもしにいってたらしいもん。。。そこは結構物があふれてて、新品の毛布やらが有り余ってて、もらって帰ってきてたぐらいやし、余裕があった避難所ではそんなんかもわからんわ

hiroさん>弱者の立場が逆転したのでしょうね。
なんでもボランティアに頼りすぎたのかな?

沙羅さん>そんなこと言っている人に限って、ビルの下敷きになるんだよな。
ぺっしゃんこになる前に鎌倉の屋敷を売ったお金で関西においでなさい。
住みやすいですよぉ~

sanapandaさん>どんな立場であれ「ありがとう」の一言を言える人間に
なりたいものですね。

被災者の方の暴言にビックリ… 本当に辛いときやピンチの時に、きちんとありがとうと言えたり、優しい行いをできるかなぁ…ウ-ン(*´-ω-)...o0O○と、自分でも改めて考えてしまいました。

(⌒▽⌒)アハハハハハ!
確かに東京は今日直下型が来ても可笑しくないです。
その時には、祖父母もショックが大きくてご臨終だと思います。
(。-`ω´-)ンーまてまて、祖父母は関東大震災を経験してますからねぇ、案外強いかも┐(^-^;)┌
土地だけは無くならないでしょうから、死んでなかったら沙羅は取られない様に頑張ります。(`ゝω・)vィェィ

hiroのパパもお弁当届けに行きました!
カトちゃんも大変でしたね・・・・
相手もあまりのことに八つ当たりしたんでしょうね?

沙羅さん>東京が一番危ないんですよ。
大阪へ家族で逃げておいでなさい。
お爺さん、お婆さんも連れて。。。

(* ̄^ ̄*)(*_ _*)ウンウン
そうですねぇ仰るとおりですよ!

大阪や東京の様な人口の密集した都会が直下型の地震に襲われたら、みんなパニックになっちゃうでしょうねぇ┗(-_-; )┛

沙羅さん>行政もまだボランティアと言う言葉になれていなかったのでしょう。
ボランティアと言うのは、日本人は無償と考えていますが、発祥の地である
英国などでは有償が当たり前となっています。
言われるとおり、ボランティアはしてあげると思ってはいけないことですが、
なにかにつけて、行政はそれを頼ることが多いのです。
これが、日本の悪いところなんですよ。

かんろくさん>幼稚園・小学校のPTAやら子ども会やら、、、やってました。

seijiさん>ボランティアに対する甘えから、だんだんとそれがあたかも権利のように
錯覚してしまうのでしょうね。

まゅちさん>ボランティア元年でしたから、ボランティアを受けるほうもわかっていなかったと
思うんですよね。
わしも、いろいろとボランティアでは、学ぶほうが多かったと思います。

ちこりーさん>今では考えられないことと思いますよ。

たぶん、地震のショックがそう言う言葉や態度をとらせたんだと思います。
被災者もどうして良いのやら、何も出来ない脱力感があったと思いますよ、少しづつ自分の事は自分達で遣ろうって気持ちになって行ったでしょ?
ボランティアは、してあげてるって思っちゃあ駄目なんですね。
沙羅の女友達も飛んで行きましたよ、それは酷い状態だったって、行くにも交通が麻痺してて時間が掛ったって、何日かボランティアをして帰って話しましたが、良い勉強になったとも言ってました。
それからも2度東京からボランティアに行ってました。
あんな状態で平常心を持てって言う方が無理な事なんでしょうね。
かとちゃんもお疲れ様でした。┏(I:)ペコリン

考えさせられますね・・・。

私は、福祉施設でボランティアをやったことありますが、
私はそこで逆に学んだことのが多かったので、
かとちゃん!さんの被災地でのボランティアの話を聞いて驚きです・・・><

一部の人かもしれないけど酷いですよね。
何か、考えさせられます。

かとちゃんは、その頃からボランティア好きだったんですね 

reppeさん>あははは、ありがとう ^^
一度、読み直してから「コメントする」をクリックすれば良いのですが、慌てもんで、、、

こっそり教えようとミニメにコピペしたら、普通の文字になって
驚いたよ。そして、戻ってきたら、直ってたの・・・。
まさに、同時!!

reppeさん>あははは、バレたか・・・
だんだんと、そう言うふうになって行くのが普通なのかなぁ?
被災者もボランティア慣れしていくんでしょうね、悲しかったです。

誤字、直したね(´艸`o)゚.+:クスクス

そんな態度されるなんて、寂しいですね。信じられません。
プロフィール

ちんちら ぽっぽ

Author:ちんちら ぽっぽ
世の中、うまく行かないことばっかりでつ。
そんなあんなこんなことを書き記したいと思いまつ。
どうぞ、よろしゅうに!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロ友のみなさん

インカムゲイン総合研究所

食いしん坊マリーの日記

にゃんぱらりの運動会

これも、やってみよう♪

ちこの日常
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード