FC2ブログ

東大寺本坊経庫(きょうこ) これが高床式校倉造だ!

毎年5月2日に奈良東大寺では聖武祭(聖武天皇祭)が行われるのは、
みなさんがご存知と思います。(聖武天皇の命日)
この日だけ、本坊が公開されて、天皇殿で法要があったり、中門辺りで
練り供養があったりしますが、そんなことは私にとってはどうでも良く、
もっと興味があるのが、その本坊にある経庫なのです。

まずは幕で飾られた本坊から中に入ります。

聖武祭01

入口で粗品(鉛筆2本)をもらって、天皇殿での法要を参拝します。
今日は、東大寺の別当はじめ住職が代わる代わるお勤めをします。この天皇殿は
聖武天皇像を安置されています。

聖武祭02

さて、問題の経庫は本坊に入って天皇殿に向かうまでの右側にあります。
なにも知らなかったら、そのまま通り過ぎてしまうでしょう。

聖武祭03

なぜ、この経庫に興味があるかと言いますと、東大寺の中で創建当時の
奈良時代のままの建物はこの経庫と転害門だけなのです。(三月堂は
残念ながら鎌倉時代に造改築されています。転害門は鎌倉時代に一部、
修復されていますが、建物時代は奈良時代のものです)

聖武祭04

学校で並んだ高床式の校倉造(あぜくらづくり)の三角形の横材が井桁状に
組まれたものが目の前でみることができます。屋根は典型的な寄棟造です。

聖武祭06

そして、屋根裏の丸垂木(丸い木)が奈良時代の特徴を現しています。
もう一つの特徴は、なんと言っても「ねずみ返し」があることです。

聖武祭05

是非みなさんも、奈良にお越しになるには5月2日を狙ってお越しください。
小生からのお勧め情報でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

アルファさん>
風通しが良いのでしょうね。

No title

高床式というところを除けば、現在のログハウスと同じような造りですね。
プロフィール

ちんちら ぽっぽ

Author:ちんちら ぽっぽ
世の中、うまく行かないことばっかりでつ。
そんなあんなこんなことを書き記したいと思いまつ。
どうぞ、よろしゅうに!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロ友のみなさん

インカムゲイン総合研究所

食いしん坊マリーの日記

にゃんぱらりの運動会

これも、やってみよう♪

ちこの日常
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード