FC2ブログ

富士山 世界遺産の構成資産・要素をめぐる弾丸バスツアー(4)

いよいよ弾丸ツアーの二日目ですが、朝一からなにやらホテルの部屋の鍵を
フロントに返していない人がいたり、国道1号線が渋滞してたりで予定がすべて
30分ほど遅れた状態となりました。

二日目は最初に沼津から北に上がり山梨県に入って(関西人にはこの辺りの地図が
いまいち良くわかりません。)「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一つ
「船津胎内樹型」へと向かいます。ここで文化遺産解説員の宮下さんと合流して
専門的に案内していただきます。

船津胎内樹型1

「船津胎内樹型」は間単に言うと溶岩が木を包み込むように流れて、その木が焼けて
溶岩に空洞ができたとのことです。で、まるで女性の胎内のように見えるので
このような名前が付いたらしいです。(子宮まであるw)

船津胎内樹型2

船津胎内樹型3

その穴にに入るところに無戸室浅間神社が建てられ、またまた浅間神社の分社であり
安産祈願ともなっているようです。富士山に登るのに、やはりこの胎内樹型をくぐり
体を清めて登ったようです。お年寄りが多いので、みんな「腰が痛い」と言いながら
無事に通り抜けることができました。

船津胎内樹型4

バスは宮下さんも乗せて次は、富士山北側の「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の
構成資産である「河口湖」の大石公園へと向かいます。宮下さんの話ではここから見る
富士山が一番と言ってました。なるほど、、、納得です。

河口湖3

ここで自分撮りも一枚!

河口湖2

続く
スポンサーサイト



プロフィール

ちんちら ぽっぽ

Author:ちんちら ぽっぽ
世の中、うまく行かないことばっかりでつ。
そんなあんなこんなことを書き記したいと思いまつ。
どうぞ、よろしゅうに!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロ友のみなさん

インカムゲイン総合研究所

食いしん坊マリーの日記

にゃんぱらりの運動会

これも、やってみよう♪

ちこの日常
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード